2019年7月に向けて

いつのまにか・・・

自分より背が高くなった息子のように・・・

しばらく見なかった間に、えらく背が伸びていました。

寝る子は育つと昔からよく言いますが、ビルは寝てる間に伸びるわけもなく、ものすごい急ピッチで進んでいるのでしょう。

楽しみです。

 

花岡山より望む

今年もついに始まりました。

今年初めての一番君が来ちゃいました。

今日7月6日。まだ梅雨が明けません。

しかし恒例のクマゼミがやってきました。

今年の最高は、さて何匹まで行くでしょう。

楽しみです

梅雨中の晴天

交通センターから、はちどり事務局へ向かうバス停から目の前にタワークレーンの働きがよく見える。

青空に突き刺さるようにそびえ立つ赤白の色は・・・

先日、TVでやってた。

タワークレーンは東京タワーと同じ国際規格のオレンジ色で塗られているとか。

赤だと思ってた。

 

着着々と

しばらく見ぬ間に成長していました。

きっとあそこの階が大ホールでしょうか?階高が三倍ほどある。

 

 

着々と

着々と進む「NEW交通センター」。

ホール、バスターミナル、テナント、映画館、ホテル、庭園、結婚式場、マンション。

「ザ・熊本ガーデンズ」最上階が1億800万円。

最多価格帯で4800万。(1LDK・47㎡)。

ちなみにお隣のマンションが、賃貸で月39,000円(1R、28.22

一年で、468,000円

10年で、4,680,000円

50年で、23,400,000円

100年で、46,800,000円

いまから100年前は、大正7年(1918年) 松下幸之助氏が松下電気器具製作所を創設

いつのまにか、無くなって

たしか、今年の3月頃に、旧熊本地方合同庁舎に解体工事の仮囲いができて、もう見納めか~ってな感じで撮影してたのを思い出し。

その後を行ってみました。

後ろの2号館、旧西税務署のビルは跡形もなく、手前の1号館、熊本国税局のビルも風前のともしびであとちょっとしか残ってない様子でございました。

そして、今回はなんと、なんと日頃見ることができない特別ショットをお届けいたします。

後方はこーーーんな感じ。

更地になった後は、桜の馬場城彩苑の駐車場になるようですな。

概要はこちら

新熊本合同庁舎の概要はこちら

2か月半経って・・・

前回、工事の進捗をちょろっとのぞきに行って2か月半

どんなかな~って、また。のぞいてきました。

まだまだ、基礎らしーのとかがいくつかできたくらいで、パッと目には進み具合がよくわからん状態でございました。

2019年9月へ向けて、あと2年。

早くできんかなぁ~~

 

感謝。

 

くま蝉。大繁殖

その筋の話では、ほんの30年前くらいまでは西日本では、アブラゼミが多く、クマゼミは非常にレアなセミだったそうな!

しかし近年、アブラゼミが減少し、クマゼミが爆発的に増加。街中でクマゼミが99%、アブラゼミが1%という感じになったという。

理由は、クマゼミは、暑さを好み、アブラゼミは暑さを嫌うことから、街中がだんだん毎年熱くなってるのでしょうね。。。

高齢者は特に熱中症に注意です。

ちなみに、昔からある日射病は熱中症の一種で、発汗による脱水症状ですが、その原因が直射日光の場合に、日射病と呼ぶそうです。